価値の加え方


今の人は『必要な物』ではなく、『気持が動く物』を買う。

松戸下矢切八矢庵のどら焼きこれは松戸の下矢切というところにある八矢庵さんの「どら焼き」

こちらのお店は会社の御祝いや、学校などの入学、卒業式などに、焼き印を作って『どら焼き』に印字している。

物は「どら焼き」だが、焼き印が入った瞬間特別な物になる。

これと同じ戦略をとっているのが最近の「コカコーラ」

フェイスブック上でも結構みかけるが、名前を印字してあるボトルが販売されていて、
自分の名前を探したり、知り合いの名前を探してプレゼントしたり、、

coke
しかしながら、このお話し、「どら焼き」に関して言えば、、多分饅頭に焼き印がしてあっても、羊羹に名前が入っていても、
コカコーラに関して言えば、スプライトに名前が入っていても、アクエリアスに名前が入っていても絶対買うと思う。

その人達が【本質的に望んでいること】は、「自分の名前の入った『ボトル』が欲しい」だったり、「届けた人の笑顔が見たい」だからだ。

「コーラ(喉の乾きを癒す必要なもの)が欲しくて買っているわけではない。自分の名前の入った『ボトル』(気持の動くもの)」を買っている。

これが【今の人は『必要な物』ではなく、『気持が動く物』を買う。】の証明だと思う。

そして、気持を動かす物を作ったあとは、その『情報』を伝える必要もある。

情報を出していない所(物)は存在していないも同じ』になる。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です