Facebookとは


Facebookとは

Facebookとはインターネット上で、意見の投稿や、それに対するコメントをやり取りするサイトのことです。

類似しているものは『ツイッター』や『mixi』『インスタグラム』『LINE』などがあります。

これらを総称してSNS(ソーシャルネットワーキングサービスの頭文字)という呼び方がありますが、そんな呼び名なんていうのはどうでもよく、商売において、これをやらなければいけない理由の1つというのが、Facebookの中で時間を過ごすという人が多くいることです。

現在人間が処理できる情報の二倍の量の情報が出ています。

それはなぜかというと、その『情報』を送り出すメディアが一昔前の、

『TV』『ラジオ』『新聞』『雑紙』『チラシ』『ダイレクトメール』

6個の媒体に対して、

今は、、

『ホームページ』『ブログ』『ツイッター』『フェイスブック』『LINE』『Mixi』『YouTube』『ニコニコ動画』『スマホゲーム』『インスタグラム』『インターネットラジオ』

代表的なものだけでもこれだけ、11個、倍の数あります。

『時間』だけは全ての人に平等なので、その人がどこに『時間』を費やすかがポイントにります。

昔、テレビを見ていた時間は、フェイスブックを見る時間に置き換わったり、Youtubeを見る時間に置き換わったりしています。

現在、日本においてはフェイスブックの利用者は約2,200万人(2015年1月)

電車に乗ることがある人は、電車の中でスマホをいじっている人を見ることが多いと思いますが、そういう人たちのほとんどはこのfacebookを始めツイッターなどのSNSサイトやっています。

テレビ、ラジオなどで広報をするには大量のお金がいります。
中小企業や、小売店には出来ないでしょう。

それに対してフェイスブックは『無料』です。

そのフェイスブックに人が流れているということは、チャンスです。

またこれらは仲間がいる人のほうが有効に使えます。

なので、商売をしているひとはフェイスブックを始めなければいけないのです。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です